ストレスチェックについて

ストレスはいつの間にか蓄積していくものであり、蓄積しているかどうかは目で確認できるものではありません。

ストレスチェック情報が絶対見つかります。

また、血圧や体温のように具体的に数値化できるものでもないため、発見が遅れがちであり、個人によってはうつ病などにかかってしまう可能性があります。

朝日新聞デジタルにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

しかしながら、ストレスチェックをする方法がないわけではありません。
実際、ストレスチェックを行う方法は大きく分けて二つ程あります。

一つが専門家によって診断基準と照らし合わせてみる方法と、心理検査による方法です。



専門家による診断基準と照らし合わせる方法は多くの場合、うつ病の診断基準に合致しているかどうかや、生活の様子を尋ねていくという方法が主流となります。


このストレスチェックで重要とされるのが、睡眠がとれているかどうかや、気分の落ち込みがないか、疲労感がいか程か等が尋ねられます。


もう一つの心理検査による方法としては、SDSやロールシャッハテスト、バウムテスト等で見る場合があります。

この方法だと現在のストレスの状態の他、ストレスを受けやすい特性を持っているかどうかまでわかる可能性があります。

ストレスは目に見えるものではありませんが、その影響は大きく、もし、ご家族や周囲の人から様子がおかしいと指摘を受けた場合は一度、専門の機関で診てもらうというのも一つの方法です。
精神科病院を受診するのに抵抗の大きい場合は、仕事帰りに気軽に寄れるメンタルクリニックを利用するのもおすすめです。